最新情報

  • イベント 

2018.2.05

FCN主催 2/4地域部活スターティングセレモニーご来場の御礼

◆ご来場の御礼◆
この度、当セレモニーにご来場くださいまして誠にありがとうございます。皆様のご理解とご支援に心より御礼申し上げます。

2018年4月 子どもたちが社会で活躍する未来に向け、全国に先駆けて新たな文化系の“地域部活”が創部します。音楽、演劇、放送の表現を織り交ぜながら贈る 地域部活オリジナルの記念式典を開催しました。

《新聞掲載記事》
・中日新聞 WEB記事 2018.2.7発信
「掛川で「地域部活」発足記念イベント」
→ 記事はこちら(WEB)

・静岡新聞 2018.2.6発行
「中高生地域部活 意義アピール」
→ 記事はこちら(PDF)

スターティングセレモニーご案内
チラシPDFはこちら(表面/裏面)

静岡県文化プログラムに採択された企画、2018年4月に新たに創部する「地域部活“音楽×演劇×放送”文化創造部」のスターティングセレモニーを、2018年2月4日(日)掛川市美感ホールにて開催されました。(FCN主催)

《開式前の様子》
〜受付ロビーにて〜
受付ロビーにて

《オープニング》
〜これまでの御支援に感謝を込めて〜

“ありがとうの花” (ソプラノ:西尾舞衣子、ピアノ:奥村友美)

開式のことば (総合司会:堤腰和余)
開式のことば (総合司会:堤腰和余)

《第1部》 記念セレモニー


来賓祝辞
(掛川市教育委員会・山田文子教育長)


静岡県文化プログラムについて
(同プログラム推進委員会事務局:岩瀬智久)


地域部活プレゼンテーション
(地域部活発起人、主催者代表:齊藤 勇)

《第2部》 パフォーマンスステージ
〜参加アーティスト 演奏&メッセージ〜

“はじめの一歩” (ソプラノ:西尾舞衣子)


“英雄ポロネーズ” (ピアノ:奥村友美)

〜参加アーティスト・講師・協力校の高校生たちによる共演「地域部活の一年」〜
協力校・出演:静岡県立浜松南高校吹奏楽部、放送部

演劇シーン (浜松南高校吹奏楽部)
演劇シーン (浜松南高校吹奏楽部)

案内人・ナレーション(浜松南高校放送部)
案内人・ナレーション(浜松南高校放送部)

合唱のレッスン風景(合唱指導:芸術監督・佐藤真澄)
合唱のレッスン風景(合唱指導:芸術監督・佐藤真澄)

演劇のレッスン風景(演劇指導:横山 央)
演劇のレッスン風景(演劇指導:横山 央)

放送のレッスン風景(放送指導:堤腰和余)
放送のレッスン風景(放送指導:堤腰和余)

優れたアーティストの表現の鑑賞と交流の様子(参加アーティスト・特別講師:奥村友美、ピアノ)
優れたアーティストの表現の鑑賞と交流の様子
(参加アーティスト・特別講師:奥村友美、ピアノ)

移動教室「協力校の高校吹奏楽部への訪問」の様子
移動教室「協力校の高校吹奏楽部への訪問」の様子

演劇シーン (浜松南高校吹奏楽部)
演劇シーン (浜松南高校吹奏楽部)

発表会シーン(浜松南高校放送部)
発表会シーン(浜松南高校放送部)

朗読シーン(浜松南高校放送部)
朗読シーン(浜松南高校放送部)

COSMOSソプラノ独唱
“COSMOS”ソプラノ独唱

COSMOS (指揮:芸術監督・佐藤真澄)
“COSMOS” (指揮:芸術監督・佐藤真澄)

“COSMOS” 演劇(ムーブメント)
“COSMOS” 演劇(ムーブメント)

演奏後、拍手喝采を受ける出演者
演奏後、拍手喝采を受ける出演者

《第3部》 パネルディスカッション
〜議題:学校の部活動の在り方と地域部活の展望〜

パネルディスカッションの様子
パネルディスカッションの様子

パネリスト (左から)<br>小林 正浩 (文化庁文化部芸術文化課 課長補佐)、長沼 豊(日本部活動学会 会長) 、佐藤 真澄 (地域部活 文化創造部 芸術監督)
パネリスト (左から)
小林 正浩 (文化庁文化部芸術文化課 課長補佐)、

長沼 豊(日本部活動学会 会長) 、

佐藤 真澄 (地域部活 文化創造部 芸術監督)

コーディネイター:佐野 直哉 (静岡県文化プログラム・コーディネイター)
コーディネイター:佐野 直哉

(静岡県文化プログラム・コーディネイター)

《エンディング》
~子どもたちの未来へ~
演劇(横山 央、SPAC俳優)
演劇(横山 央、SPAC俳優)

“マイウェイ” ソプラノ&ピアノ演奏
“マイウェイ” ソプラノ&ピアノ演奏

閉会の挨拶(横山 央)
閉会の挨拶(横山 央)

今、学校の部活動は大きな転換点を迎えています。部活動の良い部分を継承しながら、どのように未来を描いていくのか?
第3部では、日本の中心で部活動に関する改革への取組を進めている方々をお招きしてパネルディスカッションを行いました。
昨年末に文部科学省が発表した緊急対策の内容をもとに、全国各地で声があがっている部活動改革への動向にふれながら、2018年4月創部の当文化創造部が全国に先駆けて行う、地域で担う文化系の部活動への展望について議論が行われました。

[日 時]
2018年2月4日(日)
13:30開場 14:00開会 16:10閉会

[会 場]
掛川市美感ホール
掛川市美感ホール ホームページはこちら

[内容]
・オープニング
・第1部:記念セレモニー
・第2部:パフォーマンスステージ
・第3部:パネルディスカッション
・エンディング
※詳しくは、チラシ表面をご覧ください。
チラシ表面(PDF)はこちら

[出演者]
パネリスト:
小林 正浩 (文化庁文化部芸術文化課 課長補佐)
長沼 豊  (日本部活動学会 会長)
佐藤 真澄 (地域部活 文化創造部 芸術監督)
コーディネイター:
佐野 直哉 (静岡県文化プログラム・コーディネイター)
参加アーティスト:
奥村 友美  (当部 特別講師、ピアニスト)
西尾 舞衣子 (当部 特別講師、ソプラノ)
横山 央    (当部 演劇指導、SPAC俳優)
総合司会(MC):
堤腰 和余  (当部 放送指導、朗読家)
※出演者のプロフィールは、チラシ裏面をご覧ください。
チラシ裏面(PDF)はこちら

[参加費]
入場無料

[主 催]
一般社団法人 ふじのくに文教創造ネットワーク

[共 催]
静岡県文化プログラム推進委員会
文化プログラム公式WEBサイトはこちら